FURNITURE CATALOGUE vol.64


>> P.72

※本カタログの表示価格は全て税抜き価格です。※価格は1本あたりの価格です。この室内に入るにはナイロン製の特別な服を着て、帽子をかぶりゴミ落としの空気シャワーを通り抜けることが必要です。高度なクリーンルームでも当社のクリーンルームチェアが採用され効果を発揮しています。抵抗値(MΩ)1000A社製品B社製品C社製品一般的に電気抵抗値(Ω)が小さいほど電気は導電しやすくなり、静電気も発生しにくくなります。左の表は、当社と他社の導電タイプのチェアの抵抗値を、同一条件下で測定し、グラフ化したものです。約100Vの電圧をかけた時、A社、B社、C社の製品は抵抗値1000MΩを示すのに対し、0.02MΩ以下となっており導電性が大変高いことを示しています。※導電性の低い床面では、その性能を発揮できない場合があります。導電マットの上など、導電性に優れた場所でご使用ください。また、左記グラフは実験室での実測値ですが、測定条件・箇所により抵抗値に誤差が生じることがあります。1001010.10.010100200300400TD-E24L(ガス上下)TE-EL6L(ガス上下)TD-E26(手動上下)500電圧(V)■導電チェアメンテナンスについて弊社導電チェアは、製造開始から優れた導電性能を持つチェアとして、様々なお得意先様から高い評価をいただいております。「導電チェア」は、背面、座面から人体に帯電した静電気を床まで導通させて排出する機能を持つ特殊なチェアです。導通性の良い専用の張地・構造部品設計などがあげられます。良い性能を保持した永年使用のためには、一般のオフィスチェアと同様に定期的なメンテナンス・導電性能の計測もメニューに加えていただくことをお薦め致します。弊社では、お客様に末永く安心してご使用頂けます様、部品交換などのメンテナンス対応も行っております。万一導電性能の低下(抵抗値の増加)がみられた場合は、弊社工場にて部品の交換などの修理対応を行うことにより、購入当初の性能へ戻すことも可能となります。症状がみられましたら弊社営業担当へご相談ください。クリーンルーム用導電チェアクリーンルームの大敵であるダストが出やすいウレタン、張地を排除した最高レベルのクリーンルーム向けのチェアです。実際に使用されている工場でのクリーンルームへの納入過程は、次の通りです。椅子をクリーンルーム内に入れるまでに、エタノールをアンティコンゴールド(クリーンルーム用ワイパ)に付け、クリーンアップしエアシャワーを通過してクリーンルームへ入室されています。米国向けの大手クリーンルーム工場にて、大量にお使いいただいています。ブラックダークブラウンブラックダークブラウンブラック¥28,500*TD-E26導電レザー質量:6.0kg仕様:導電双輪キャスター手動上下調節¥26,100*TD-E24導電レザー質量:5.1kg仕様:導電双輪キャスター手動上下調節TD-E26L-Z導電レザー¥43,800*質量:7.6kg仕様:導電双輪キャスターNewガス上下調節TD-E25L-Z導電レザー¥42,400*質量:6.7kg仕様:導電双輪キャスターNewガス上下調節TD-E24L-Z導電レザー¥35,400*質量:5.1kg仕様:導電双輪キャスターNewガス上下調節*導電ビニールレザー:(張地表面抵抗値1×106Ω以下)ブラックダークブラウン610TD-E24L-Z410~520370φ55500~680370φ455φ610TD-E25L-Z55165■カラーサンプル導電レザー620~800500~680TD-E26L-Z370φ455φ61055165600TD-E26600TD-E24450~550370φ55580~680450~550370φ55共通仕様○座・脚:スチールクロームメッキ仕上げ072導電チェアElectricconductingchair当社の導電チェアは名古屋大学大学院工学研究科での“イスの導電特性に関する研究”にもとづいて開発されています。研究者の清水教之工学博士(当時)によれば、冬の乾燥時などに金属物に近づいた際に、静電気放電による電撃を受け驚くことは誰でも経験している。着衣の人体が静電気帯電した場合、その電位は数万Vまでなり得る。工場作業者の静電気帯電は製品の品質に大きな影響を及ぼす可能性がある。静電気を確実に除去するイスを製造するためには静電気の性質をよく理解した上でイスの各部位を研究し、ノウハウを蓄積する必要がある。本研究の成果は今後の導電イスの開発、製造に大きく貢献するものと考える。また実際に本研究の過程において極めて導電性の高いイスが開発されたことは、研究者としても大いなる喜びである。」実験室の測定ではチェアの抵抗値は100KΩ以下(相対湿度50%温度23℃)で通常チェアの1/100,000であった。静電気消滅時間は1/1,000秒で500Vが0Vまで減衰した。最近、帯電した人体やチェアからの放電によって、OA機器や精密部品の品質に大きな被害を与える"静電気障害"が大きな問題となっています。こうした静電気を確実に除去するために開発されたのが導電チェアとクリーンルームチェアです。導電チェアとは、作業者のアース経路を確保することができる導電レザーや導電キャスターを使用しているため、発生した静電気(通常のチェアでは、200V以上発生する静電気量が18Vしか発生しません。)の人体への帯電がきわめて微量なチェアです。(静電気抵抗値が通常のチェアに比べて1/10,000電気消滅時間も1/1,000秒で500Vが0Vまで低下します。(実験室))クリーンルームチェアとは、導電チェアを基本に造られていますが、わずかながらでも発生した静電気が影響をおよぼす精密作業向けに、帯電しやすい樹脂や塩ビ素材は使用せず、やむをえず使用した場合は特殊な素材で加工して静電気の帯電を極力抑えることを目的としたチェアです。導電キャスターステンレスフレーク使用のウレタン巻き双輪キャスターにより、優れた導電性を発揮します。


<< | < | > | >>